セックスをする時間によってED治療薬を使い分けよう

基本的に、ED治療薬はセックスをする時間によって使い分けることが大切になります。ED治療薬の持続時間はそれぞれの薬によって異なりますので、セックスの際に生じる効果をきちんと理解していないと正しい効果を体感することができなくなります。例えば、世界ではじめて販売されたED治療薬であるバイアグラに関してはそれほど長い時間で効果を持続させることはできないですが、後年に販売された薬に関しては5時間から10時間程度の持続時間を誇っています。更に後年になって発売された薬に関しては36時間近くも効果を発揮することができますので、それぞれの用途に応じてそれらの薬を使い分けていくことが非常に重要になるのです。こうして後年にかけてED治療薬が改良されてきたのには理由が存在します。もともと、ED治療薬は研究開発の過程で生まれたものではなく、別の薬の研究をしていた時に生まれた偶発的なものなのです。ですから、その薬の効果に関してはわからないところも初期の段階ではありました。実際に、最初に販売されたバイアグラでは開発をした人たちが予期していない副作用が報告されたこともありましたし。特に食事との関連性で言えば決して相性が良い薬とはいえなかったので様々な改良が求められたのです。事実、食事とのバランスを間違えてED治療薬を摂取してしまうと、その影響によって身体に良くない副作用が出てきてしまうことも頻繁にありました。こうした過去の失敗から学んでより新しい薬を作ってきた過去がED治療薬には存在しますので、後年に作られた薬ほど持続時間は長くなっている傾向にあります。食事との関連性で効果が変わってしまうものもありますので、その点は慎重に選択肢なくてはいけません。